ぽってりライフ

出雲の先生から処方された漢方を飲みながらダイエットしています。糖尿病教育入院で痩せましたが、痩せた以上に相当リバウンドしました。食生活を変えながら痩せて維持できることを目指しています。

納豆三昧(6)

小さいころから、「これは体にいいから食べなさい」と言われながら育ってきました。食べないならご飯は抜き!のような言い方ではなく、あなたのためだから、ね?という、やさしい提案型。

 

従順な子供だったので、なんでもぱくぱく食べましたが、苦手なものがありました。中でも、納豆、豆腐、枝豆、そして豆乳などの豆類。夕飯のおかずが冷奴や湯豆腐だと、しんみりしたものです。

 

でも、大豆イソフラボンが美容にいいらしいと大人になってから知り、お肌のためにむりやり克服しました。特に納豆は発酵食品なのでさらにいいらしい(詳細はグーグル先生に委ねます)と知り、優先順位をあげて取り組みました。

 

その結果、今では好んで食べるようになりましたが、糖質を制限しているとなかなか手が出にくいのです。ご飯にかけて食べるわけにいかないので。ご飯にかけなくても物足りなさを感じずに美味しく食べられる方法はないかなーと考えて思いついたのがこちら。思いついたというより、その時たまたま冷蔵庫にあったので、なんとなくやってみました。材料さえあれば、1分ほどでできます。

 

【材料】

納豆   1パック

キャベツの千切り   好きなだけ

ノンオイルシーチキン    1缶

ゆかり    適量

f:id:OliveGreen:20161123140706j:image

 

【作り方】

ぜんぶ混ぜる

f:id:OliveGreen:20161123140943j:image

 

キャベツはいつも1/2個を2つ買ってきて、1つは千切りにしてジップロックに入れて冷蔵庫に保存。食べ切ったら、もうひとつの1/2個を同じく千切りにしてジップロックへ。切ってそのまま食べられる野菜が冷蔵庫に入ってると、食事の支度がすごく楽。体にもいいし(これ大事)。

 

そんなこんなで冷蔵庫にあったキャベツを納豆と和えて、ついでにシーチキン、醤油のかわりにゆかりで味付けしたら、ご飯にかけて食べるよりも食べ応えがあってなかなか美味しかったのです。それ以来、キャベツを見たら納豆、納豆を見らたキャベツと、私の中で最強のコンビになりました。

 

注: 納豆に含まれる大豆イソフラボンは摂取しすぎるのもよくないようです。なにごともほどほどがよろしいようで。