ぽってりライフ

出雲の先生から処方された漢方を飲みながらダイエットしています。糖尿病教育入院で痩せましたが、痩せた以上に相当リバウンドしました。食生活を変えながら痩せて維持できることを目指しています。

痩せたつもりで

ダイエットをやめて普通に食べてみようかな。

10日ほど前にふと思い続けてみたところ、約4.5kgするっと体重が減りました。今も続けています。

 

食べる時に心がけていることは、

「自分はもう痩せた」と妄想し、「せっかく痩せたしリバウンドしないようにちょっとだけ気をつけて食べよう」と自分に言い聞かせること。

 

たとえば、ダイエットに成功して20㎏痩せたとします。もう厳しい食事制限の必要はないけれど、リバウンド防止のため食事に気をつけると思います。飲んだ後のラーメンをやめるとか、甘いものを控えるとか、腹八分目にするとか。「これ以上太りたくない」「 食事に気をつける」という部分はダイエット中と同じですが、前向きな自主規制というか、心の余裕を感じます。悲壮感はあまり感じません。「もう痩せたから、これ以上太らないようにするわ」くらいの余裕を持って、ゆるく自主規制を続けたら痩せないかな?
ふとそう思いました。
で、やってみることにしたのです。

 

やってみて一番嬉しかったのは、食べものから解放されたこと。これは予想外の大きなよろこびでした。くるくるくるくると頭の周りで花と蝶々が舞っているような幸せを感じています(漫画っぽく)。ダイエット中は、四六時中食べもののことを考えていて、食べちゃいけないものはなんだっけ、何を食べればいいんだっけ、、そんなことばかり気にしていました。ダイエットなんだからそれが当然と思っていましたが、やめてみてそれがかなり負担だったのだと気づきました。歳をとればとるほど、何かから解放されることが少なくなるので、貴重な贈り物をもらった気分です。

 

「何を食べてもいい、ちょっとだけ気をつければ。」

そう思うと、あれ食べたいー!これもーっ!!のようなムラムラした危険な欲がなくなり、「いつでも食べられるから大丈夫」、と心に余裕をもって自分をなだめることができるようです。

引き続きやってみます。