ぽってりライフ

出雲の先生から処方された漢方を飲みながらダイエットしています。糖尿病教育入院で痩せましたが、痩せた以上に相当リバウンドしました。食生活を変えながら痩せて維持できることを目指しています。

助っ人をゲット


最近のもっぱらの悩みは、ごはん問題をどうするかということ。
というのも、夜ごはんの外食率が最近非常に高いのです。夫と外食するとなるとほぼラーメンまたは肉。外食しない日は、会社帰りにスーパーでお刺身を買ってきたり、お弁当を買って帰ったり。ひとりの時は納豆でちゃっと食べちゃったり。
要はほぼ料理をしない/したくないことが問題なのです。

料理をするのは好きなのですが、仕事帰りに何を作ろうかなぁ〜と考えながらスーパーをウロウロするのが面倒なのです。

『終電ごはん』など帰宅が遅くなっても作れるレシピ本を何冊も買いましたが結局のところあまり活用できずに終わってしまいました。
あぁ根性が足りないワタシ…。
学生時代ちゃんと部活やっていればよかったのかなぁ。社会に出て世の荒波にもまれ、時には息も絶え絶えになりながらもなんとか会社員として働いていますが、中学生の部活のように、あれこれ考える間もなく、つべこべ言う間も与えられず不条理な中でひたすら頑張る時間を10代で経験していたら人生違っていたかも、とふと思うことがあります。
なんせ、真夏の校庭で走った後「水、飲むなっ!」という世界でしたからね。私が10代だったはるか昔のことですが、今そんなことを指導者が言ったらマスコミは大騒ぎ、SNSは大炎上、校長が記者会見でお詫びするはめになりますね。

部活の話しはこのくらいにして、とにかく根性がなくても夜ごはんを作れるようなんとかしたいと思い、本屋で料理本を買ってきました(こりもせず)。

f:id:OliveGreen:20150725175735j:image

1冊目は『段取り上手で15分ごはん』
この本のポイントは、まず、段取りがタイムテーブルで書かれていること。こんな感じです↓。
f:id:OliveGreen:20150725180216j:image

それから作り方の工程が少ないので楽そうに思えること。

そして何よりも15分で2品作れること!
主菜と副菜を上手に同時進行して、ベストなタイミングで2品を仕上げます。たった15分でおいしい献立ができるなら、おうちの晩ごはん、もっと気楽になりますよね?(オレンジページ発行『段取り上手で15分ごはん』より)
気楽に作れるって大事だと思います。
ほんとに15分程度で作れるのか、早速試したいと思います。

2冊目は、『冷凍保存ですぐできる絶品おかず』。
こちらは下味をつけて冷凍保存した肉や魚を使ったレシピが紹介されています。どれも下味をつける調理時間が5分程度と、超簡単&気軽にできそうねものばかり。しかもどれもすごく美味しそう。

冷凍保存したものを、夜ごはんに使う場合はその日の朝に、朝ごはんに使う場合は前の日の夜に、冷凍庫から冷蔵庫にいれておけば解凍して使えるとのこと。楽チン。

また、ストックした肉や魚を使って15分で調理できる作り方も紹介されています。こんな感じ↓。
f:id:OliveGreen:20150725181924j:image
ここでも調理時間は15分。
たしか20分で晩ごはんというNHKの番組があったと思いますが、時短調理のトレンドは今や15分なのか。15分ならやってみようかな、15分なら忙しくてもできるでしょーという感じでしょうか。
まずはやってみます。

《追記》
早速今夜作ってみました。
簡単で美味しかったです。同じ材料、同じ作り方で、調味料を変えて何度か作れば本を見なくてもできるようになるかも、と思いました。今日は鶏ガラと醤油ベースで作りましたが、鶏ガラとオイスターソースや、鶏ガラと豆板醤でピリ辛にするとか。

慣れたら材料を変えて、調味料と作り方は同じでやってみてもいいですよね。豚肉、ピーマン、卵のところを、豚肉、セロリ、しめじにするとか。

f:id:OliveGreen:20150725195945j:image